読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

父親が放火し、3人の子どもと一緒に亡くなった事件(2016年11月6日)

子ども3人を殺害、放火した疑い 死亡の父を書類送検

朝日新聞デジタル 3/8(水) 11:17配信
 新潟市北区の住宅で昨年11月、父親と子ども3人の遺体が見つかった火災で、新潟県警は、父親の会社員男性(当時27)が油をまいて火を付け、子ども3人を殺害したとして、殺人と現住建造物等放火の容疑で被疑者死亡のまま書類送検する方針を固めた。捜査関係者への取材で分かった。
 火災は同月6日午後11時半ごろに発生し、木造2階建て住宅の2階部分約50平方メートルが焼けた。2階の寝室から男性が、隣の子ども部屋から長男(同8)、次男(同6)、長女(同4)がいずれも遺体で見つかった。県警の調べで、現場からは油が入っていたとみられるポリタンクが見つかり、2階の広範囲で油の成分が検出されていた。
朝日新聞社

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00000055-asahi-soci

動機は何だったのか?母親はいなかったのか?背景が気になる。


日本的な離婚後の父子引き離しの風景ってこれだなと思った

俺はまだ本気出してないだけ(4) (IKKI COMIX)

宮田は主人公の友人で、離婚して親権は元妻にあって息子と面会交流している状態。息子とわずかな時間しか会えない中で息子がパンが好きだと言ったことから、息子を喜ばせるために脱サラしてパン屋を始める。
パン屋の経営がようやく軌道に乗ってきたところで元妻から切り出された場面がこれ。

f:id:kasai2012:20170320021603p:plain
f:id:kasai2012:20170320021614p:plain

元妻が再婚するから、宮田は息子のことを忘れてくれ、養育費もいらない、と言われる。

元妻のセリフにある「父親が2人いるって自然じゃないと思うの。」というのが、今の日本の価値観そのもの。作品としてよく出来てると思うけど、読んでて辛かった。この価値観こそが日本で親子引き離しを蔓延させてる原因だと思う。


以下、ネタばれあり。

続きを読む

「お前は家族からも見捨てられた」とレッテルを張る精神攻撃

子を連れ去られた親に対して「子供はお前に会いたがっていない」と伝える行為って、警察が逮捕取り調べ中に「お前の親はお前が罪を認めないことで悲しんでいる」とか言うのと同じじゃないか。


愛する家族からすら拒絶される、それも正当な理由なく、連れ去った側の一方的な告げ口によってそうなってしまう状況、それを放置する裁判所。
生きる望みすら絶たれるような絶望感。当事者以外にはわからないんだろうな。

首相夫人は公人

安倍首相「妻を犯罪者扱い」=共産追及に不快感

時事通信 3/1(水) 20:21配信
 「妻をまるで犯罪者扱いするのは極めて不愉快だ」。
 学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題をめぐり、安倍晋三首相は1日の参院予算委員会で、「名誉校長」だった妻の昭恵さんと学園側の関係を追及する共産党小池晃書記局長に、声を荒らげて不快感を表明した。
 小池氏は「昭恵夫人は、籠池泰典理事長とはいつからの知り合いで何回会っているのか」などと追及。首相は「私は公人だが、妻は私人だ。いつ知ったかは承知していない」と答弁した。
 小池氏は「すぐに分からないなら、あす、また質問するので、おうちに帰って(夫婦で)お話ししていただきたい。首相夫人だから明らかに公人だ」と引き下がらなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170301-00000143-jij-pol

共産党は嫌いだけど、これについては共産党の言うことのほうが正しいと思う。
首相自身が、首相夫人を私人だといって追及させないようにするのはいくらなんでも問題だ。首相夫人は公人だ。

イギリスでも母親による面会交流妨害によって離婚後父子関係は悪化する

“The reasons are well known. Some dads walk away. Other dads and their children are prevented from having a meaningful relationship because mum, for whatever reason, doesn’t encourage or even allow one to flourish. Other dads struggle with confidence and health issues post-divorce – these reasons are not perhaps not so well known.”


Children of divorce: 82% rather parents separate than 'stay for the kids'

Sunday 22 November 2015 15.00 GMT

Poll by Resolution also finds nearly a third would have liked if divorcing parents did not criticise each other in front of them

Most young people who have experienced divorce do not believe parents should stay together for the sake of the children, according to a survey by the family law organisation Resolution.
The poll found that 82% of those aged 14 to 22 who have endured family breakups would prefer their parents to part if they are unhappy. They said it was ultimately better that their parents had divorced, with one of those surveyed adding that children “will often realise, later on, that it was for the best”.
Asked what advice they would give divorcing parents, another said: “Don’t stay together for a child’s sake, better to divorce than stay together for another few years and divorce on bad terms.”
The survey, released before the latest annual divorce figures from the Office of National Statistics, show that children want greater involvement in decisions made during the divorce process. More than 60% of those polled felt their parents had not ensured they were part of the decision-making process in their separation or divorce.
Half of young people indicated they did not have any say as to which parent they would live with or where they would live. An overwhelming majority – 88% – agreed it was important to make sure children do not feel like they have to choose between parents
Feelings of confusion and guilt are commonplace. About half admitted not understanding what was happening during their parents’ separation or divorce, while 19% agreed that they sometimes felt like it was their fault.
Resolution’s research suggested that many parents handle their separations well: 50% of young people agreed that their parents put their needs first.
In the survey, carried out by ComRes, 514 young people aged 14-22 with experience of parental divorce or separation from a long-term cohabiting relationship were interviewed.
The findings are released before the parliamentary launch of an online advice guide developed by Resolution for divorcing parents to help manage relationships with their children and with each other.
When asked what they would most like to have changed about a divorce, 31% of young people said they would have liked their parents not to criticise each other in front of them; 30% said they would have liked their parents to understand what it felt like to be in the middle of the process.
The research also suggested that young people’s relationships with their mother and wider family members are likely to stay the same or improve after divorce whereas their relationship with their father is likely to worsen.
The survey results come before the publication on Monday of the latest available annual divorce statistics, for 2013, by the ONS.
The number of divorces in England and Wales declined consistently between 2003 and 2009, reflecting the overall fall in the number of marriages. Since then it has fluctuated. In 2012 there were 118,140 divorces – an increase of 0.5% over the previous year.
Jo Edwards, Resolution’s chair, said: “Despite the common myth that it’s better to stay together for the sake of the kids, most children would rather their parents divorce than remain in an unhappy relationship.
“Being exposed to conflict and uncertainty about the future are what’s most damaging for children, not the fact of divorce itself. This means it is essential that parents act responsibly, to shelter their children from adult disagreements and take appropriate action to communicate with their children throughout this process, and make them feel involved in key decisions, such as where they will live after the divorce.
“We should be supporting parents to choose an out of court divorce method, such as mediation or collaborative practice. This will help parents to maintain control over the divorce and ensure their children’s needs are, and remain, the central focus.”
Denise Knowles, a counsellor with the relationship support group Relate, said: “Evidence suggests that it’s parental conflict which has the most damaging effect on children and we see this played out in the counselling room every day. Children usually find their parents’ separation extremely upsetting but as this research demonstrates, eventually many come to terms with the situation and adjust to changes in family life.”
Sue Atkins, a parenting expert and author, said: “Children want to feel involved and empowered with relevant information about their parents’ divorce and what it means for them. They also want to see their parents behaving responsibly, such as to not argue in front of them.
“That so many children report their relationships with family members remain unchanged after a divorce shows the value in parents seeking advice to support them to find positive solutions to their disputes.”
Bob Greig, the founder of the single fathers support organisation Only Dads, pointed out that nearly half of children reported that their relationship with their father worsened after divorce. “Although not surprising, [it] is always heartbreaking to hear. It doesn’t need to be like this,” he said.
“The reasons are well known. Some dads walk away. Other dads and their children are prevented from having a meaningful relationship because mum, for whatever reason, doesn’t encourage or even allow one to flourish. Other dads struggle with confidence and health issues post-divorce – these reasons are not perhaps not so well known.”

https://www.theguardian.com/lifeandstyle/2015/nov/22/children-divorce-resolution-survey-rather-parents-separate

面会交流妨害に対する賠償命令

<子供への面会拒否>元妻の再婚相手にも賠償命令 熊本地裁

毎日新聞 1/23(月) 7:45配信
 熊本県内の40代男性が離婚後に別居した長男(12)と会えないのは元妻とその再婚相手が拒んでいるためとして、2人を相手取って慰謝料300万円の損害賠償を求めた訴訟で、熊本地裁(永田雄一裁判官)は、事前の調停で義務づけられた面会の日程調整に関する連絡義務を怠ったとして再婚相手に元妻と連帯して30万円を支払うよう命じた。元妻には70万円の支払いを命じた。離婚後に別居した子供との面会交流拒否を巡り、元配偶者の再婚相手の賠償責任を認めるのは異例。
 判決は昨年12月27日付。判決によると、男性と元妻は2006年2月の離婚調停で、親権がない男性と長男の月2回程度の面会交流に合意して離婚。当初は面会できたが、元妻の再婚後の12年7月ごろ、男性に長男と会わないよう求める連絡が元妻側からあった。
 男性は長男と面会交流できるよう熊本家裁に調停を申し立て、14年1月、再婚相手を連絡調整役として面会交流することで合意。しかし、元妻や再婚相手から連絡が滞り、日程を調整できないまま12年5月~15年10月の約3年5カ月間、男性は長男と面会できなかった。元妻は、自身の体調不良や再婚相手と長男との父子関係の確立のために面会できなかったと主張していた。
 永田裁判官は「被告の主張は面会日程を調整する協議を拒否することを正当化するものではない。長男が7歳から10歳に成長する大切な時期に交流できなかった原告の精神的苦痛は相当大きい」と指摘。元妻は日程を協議する義務を怠り、再婚相手も連絡義務に違反したとして、いずれの賠償責任も認めた。
 原告代理人の板井俊介弁護士は「再婚相手の賠償責任を認めた点で画期的だ。面会交流が父親と子供の双方にとって利益があることを示した判決としても評価できる」と話した。【柿崎誠】
 ◇連絡調整機関を
 棚村政行・早稲田大教授(家族法) 離婚で別居した親子の面会交流で一方の再婚相手が連絡役となるケースが増え、再婚家庭の安定と面会交流の継続を両立させるために特別の配慮が必要になっている。欧米のように面会交流の連絡調整をしたり、交流が不調だった場合にカウンセリングしたりして当事者を支援する専門機関を育成するべきだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170123-00000004-mai-soci


2006年2月(子供:1歳頃) 離婚調停成立。
2012年7月(子供:7歳頃)面会滞り。
2014年1月(子供:9歳頃)面会交流調停合意。
2015年10月(子供:10歳頃)面会交流再開?(民事訴訟申立てによる?)
2016年12月(子供:11歳頃)民事訴訟判決。

会えなかったのは12年5月~15年10月の約3年5カ月間か。
こちらはもう5年以上だ。

良い判決だと思うが、損害賠償取れたとしても子供に会えなければ、いったい何の意味がある?

オーストラリアでの子供の親権をめぐる問題

オーストラリアはまともだ。

領事部関係情報

子供の親権をめぐる問題

(未成年の子供の旅券申請)

2012年5月18日
在オーストラリア日本国大使館

近年、国際結婚のカップルが増えており、当館領事窓口にも国際結婚の届出や日豪間のカップルの間に誕生した子供の出生届のため来館される方がたくさんいらっしゃいます。
その一方で、結婚生活で困難に直面したそれぞれ国籍の異なる父または母のいずれかが、豪州の法律を顧みることなくもう一方の親の同意なしに子供を連れ去り、問題になるケースも発生しています。

1.親による子の連れ去りが犯罪となる場合

豪の「1975年家族法(the Family Law Act 1975)」では、両親の離婚後も18歳未満の子供の親権は基本的に父母双方が共同で保有します。裁判所から子供の親権やいずれの親と暮らすのか、子供が 離婚した父母それぞれと過ごす時間の配分或いは子供の父母との連絡等子の養育に関する裁判所命令(Parenting Order)が出ている場合、或いは、裁判所において審理中の場合は、日本人親が豪州人親の書面による同意や裁判所の許可なく子供を国外へ連れ去る行為 は、例え実の親であっても犯罪を構成し、最大3年までの懲役刑となる可能性があります。豪州では親による子の連れ去りを日常会話などでは親による子の誘拐 (parental child abduction)と呼ぶこともありますが、法律上は誘拐罪とは呼ばず「1975年家族法」セクション65Y或いは65Zに対する犯罪と呼ばれていま す。
なお、裁判所命令もなく、また、親権が裁判所において審理中でない場合においては、日本人親が他方の親の了解や同意がなく子を一方的に日本に連れ去る行為 は、直ちに犯罪を構成することにはなりませんが、共同親権が基本の豪州においては、裁判所によって他方の親の親権が取り消されていない限り、監護権を侵害 する行為と見なされ、日本人親や子が豪州に帰国した際などに、他方の親から訴訟を提起され裁判において不利になることが予想されます。
国際結婚した後に生まれた子供を日本に連れて帰る際には、こうした豪州の事情にも注意する必要がありますので、具体的な事案については家族法専門の弁護士に相談されることをお勧めします。

<参考>
国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約ハーグ条約)について
豪州はハーグ条約の締約国です。詳しくは豪連邦政府の以下のウェブサイトをご覧ください。
http://www.ag.gov.au/FamiliesAndMarriage/Families/InternationalFamilyLaw/

2.未成年の子供の旅券申請

未成年の子供に係る日本国旅券の発給申請については、親権者である両親のいずれか一方の申請書裏面の「法定代理人署名」欄への署名により手続きを行ってお ります。但し、旅券申請に際し、もう一方の親権者から子供の旅券申請に同意しない旨の意思表示が予め在外公館になされている時は、旅券の発給は、通常、当 該申請が両親の合意によるものとなったことが確認されてからとなります。その確認のため、在外公館では、通常、子供の旅券申請について予め不同意の意思表 示を行っていた側の親権者に対し、同人が作成(自署)した「旅券申請同意書」の提出をお願いしております。
また、共同親権が基本である豪州において、父母双方が親権者である場合、一方の親権者が18歳未満の子を他方の親権者の同意や裁判所の許可を得ずに国外に 連れ出す行為が刑罰の対象になる可能性については上記1.に述べたとおりです。実際に、居住していた国への再入国に際し、子を誘拐した犯罪被疑者として逮 捕されたり、国際刑事警察機構ICPO)を通じて国際手配される事案も生じております。
当館では在留邦人の皆様がこのような不利益を被ることを予防する観点から、18歳未満の子の旅券申請の際には、他方の親権者の不同意の意思表示がない場合 であっても、旅券申請に関する親権者双方の同意の有無を口頭にて確認させて頂いておりますので、予めご承知おきください。

http://www.au.emb-japan.go.jp/jp/consulate/child_passport.html