読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本的な離婚後の父子引き離しの風景ってこれだなと思った

俺はまだ本気出してないだけ(4) (IKKI COMIX)宮田は主人公の友人で、離婚して親権は元妻にあって息子と面会交流している状態。息子とわずかな時間しか会えない中で息子がパンが好きだと言ったことから、息子を喜ばせるために脱サラしてパン屋を始める。 …

「お前は家族からも見捨てられた」とレッテルを張る精神攻撃

子を連れ去られた親に対して「子供はお前に会いたがっていない」と伝える行為って、警察が逮捕取り調べ中に「お前の親はお前が罪を認めないことで悲しんでいる」とか言うのと同じじゃないか。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 愛する家…

首相夫人は公人

安倍首相「妻を犯罪者扱い」=共産追及に不快感 時事通信 3/1(水) 20:21配信 「妻をまるで犯罪者扱いするのは極めて不愉快だ」。 学校法人「森友学園」への国有地払い下げ問題をめぐり、安倍晋三首相は1日の参院予算委員会で、「名誉校長」だった妻の昭恵さ…

イギリスでも母親による面会交流妨害によって離婚後父子関係は悪化する

“The reasons are well known. Some dads walk away. Other dads and their children are prevented from having a meaningful relationship because mum, for whatever reason, doesn’t encourage or even allow one to flourish. Other dads struggle with…

面会交流妨害に対する賠償命令

<子供への面会拒否>元妻の再婚相手にも賠償命令 熊本地裁 毎日新聞 1/23(月) 7:45配信 熊本県内の40代男性が離婚後に別居した長男(12)と会えないのは元妻とその再婚相手が拒んでいるためとして、2人を相手取って慰謝料300万円の損害賠償を求めた…

オーストラリアでの子供の親権をめぐる問題

オーストラリアはまともだ。 領事部関係情報 子供の親権をめぐる問題 (未成年の子供の旅券申請)2012年5月18日 在オーストラリア日本国大使館 近年、国際結婚のカップルが増えており、当館領事窓口にも国際結婚の届出や日豪間のカップルの間に誕生した子供の…

Hendrickson vs. Hendrickson裁判

Hendrickson v. Hendrickson Annotate this Case Hendrickson v. Hendrickson, 2000 ND 1, 603 N.W.2d 896Filed Jan. 3, 2000 IN THE SUPREME COURT STATE OF NORTH DAKOTA 2000 ND 1 Diane Hendrickson, Plaintiff and Appellant v. Mark Hendrickson, Defe…

メモ

http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2016122002000116.html 2016年12月20日 子の引き渡し 連れ去りを生まぬようhttp://www.chunichi.co.jp/article/living/life/CK2016120702000005.html 2016年12月7日<子どもに会いたい 別居後の面会交…

自分が死ねば元妻も子どもも家裁も社会もみんな満足

千田有紀教授らの文章は凶器だ。 DV被害から逃れて子連れ別居・離婚することは知ってるし、そういう場合は適切に保護されるべきだというのにも同意する。でもDVの事実がないのに連れ去られ何年も子どもに会えなくなっている自分のような親もいる。 親子断絶…

メモ

「“子どもの立場”から「親子断絶防止法案」はどう見える?NPO法人ウィーズ・光本歩さんに聞く(1/2)」 大塚玲子 | ライター、編集者、ジャーナリスト 12/10(土) 10:31 http://bylines.news.yahoo.co.jp/otsukareiko/20161210-00065334/ 「「親子断絶防止…

面会交流と養育費の司法統計

面会交流 件数 認容・成立件数 認容件数 成立件数 認容・成立率 H13(2001) 2699 1383 70 1313 51.2% H14(2002) 3184 1703 113 1590 53.5% H15(2003) 3894 2025 150 1875 52.0% H16(2004) 4419 2364 196 2168 53.5% H17(2005) 4719 2604 239 2365 55.2% H18(2…

親子断絶防止法案

そもそも千田氏は「父母の離婚等の後における子と父母との継続的な関係の維持等に関する法律案」をちゃんと読んだのだろうか? - 誰かの妄想・はてな版さんから拝借。 【未定稿】 父母の離婚等の後における子と父母との継続的な関係の維持等に関する法律案 …

面会交流妨害を理由として親権者変更が認められた事例

父親に親権変更 「面会交流」合意守られず 福岡家裁 離婚によって別々に暮らす父親と子どもが定期的に会う「面会交流」を認めるのを前提に母親が親権者となったのに、母親の言動が原因で子どもが面会に応じていないとして、福岡家裁が家事審判で親権者変更を…

母性的養育の剥奪と愛着・絆の研究(4)

心の臨床家のための精神医学ハンドブック (4) 親の離婚・再婚における子どもの対象喪失 母性的養育の剥奪の研究は、第二次世界大戦によって家族を失った不幸な子どもたちを対象として着手されたが、現代の平和社会における子どもたちの対象喪失の主役は、特…

母性的養育の剥奪と愛着・絆の研究(3)

心の臨床家のための精神医学ハンドブック (3) 母性剥奪の変数とその要因に関する研究 1970年代にmaternal deprivation の研究で大きな役割を果したのはラター (Rutter, M.)らの研究である。ラターら(1972, 1979)によると、maternal deprivation には、種々の…

親権者監護権者の変更(判例)

子の利益のため必要があると認めるときは、家庭裁判所は、子の親族の請求によって親権者を他の一方に変更することができる(民819条6項)。 親権者の変更は義務の放棄を含むので、親権者の指定と異なり、父母間の単なる協議ではできず、必ず家庭裁判所の審判…

「同盟を結んだ親」による片親疎外

同盟を結んだ親の性格や否定的な信念そして行動 同盟を結んだ親側に見られる一連の行動が、子どもを他方の親から疎外していくプロセスに与える影響については、ワラスティンとケリー(1980)によってもつとに指摘されている。絶えず繰り返される同盟を結んだ…

リチャード・ウォーシャック博士(Dr. Richard Warshak)のサイト

Dr. Richard Warshak’s groundbreaking research, trenchant challenges to gender stereotypes, and passionate advocacy for children have made him one the world’s most respected authorities on divorce, child custody, and the psychology of alien…

片親疎外の中ででっちあげられる虐待

■虐待のでっちあげ 親と引き離れた子どもは、つまらない、たいてい馬鹿げた理由で親を拒絶します。しかし、ある割合の子どもが訴える理由は、くだらないとはとてもいえません。そうした子どもが訴える理由は、離婚問題にかかわる専門家に、監護権訴訟の「核…

ようやく加盟

参院委、ハーグ条約案を可決=22日に本会議で承認 時事通信 5月21日(火)12時57分配信 参院外交防衛委員会は21日午後、国際結婚が破綻した夫婦間の子どもの扱いを規定したハーグ条約の加盟承認案を全会一致で可決した。22日の参院本会議で可決、承認される。…

子どもを病的な片親疎外にされた時の別居親(片親疎外の標的にされた親)の取るべき態度

4.拒絶された親の対応 子どもが"離婚毒"に感染した兆候を示し始めたとき、標的にされた親の対応が、最終的な結果に決定的な役割を果します。この章の最初で示したアドバイスを実践する別居親は、子どもが片親疎外に抵抗できるようになる可能性を高めるでし…

ハーグ条約関連のニュース

国際結婚破綻後の子どもの扱いが問題に、加盟が議論されているハーグ条約とは THE PAGE 5月20日(月)12時59分配信 国際結婚の増加で、結婚破綻後の子どもの扱いが問題になるケースが増えています。米国などからも国際的な協力のしくみであるハーグ条約への早…

全米少年裁判所/家庭裁判所裁判官協議会(NCJFCJ)のPASに関する記述

Safety First Consistent with the emphasis on safety throughout these materials, we suggest that the judge, once the evaluator’s report is admitted into evidence, make an immediate determination whether the report identifies risks that shou…

TT

WKB ST. W. TRG CH BISA RFC WKB ST. W. ----- 06:00 ----- ----- 06:08 06:10 06:18 ----- ----- ----- ----- 06:20 ----- ----- 06:28 06:35 06:43 06:48 06:53 07:10 06:55 07:03 07:08 07:13 07:30 07:15 07:23 07:28 07:33 07:50 07:35 07:43 07:48 07:…

深刻な片親疎外の事例

【事例5】深刻な片親疎外の事例 父親と三人の子どもたち(長女七歳、長男五歳、二女三歳)は、とても仲が良かった。一緒に海に行ったり、山に行ったり、遊園地に行ったりと楽しい思い出がたくさんある。 しかし、夫婦仲が険悪になり出した頃から、子どもたち…

片親疎外の見分け方

あなたの子どもは正当な理由なく引き離されたのか? 専門家の間では、親を拒絶する子どもたちをどう呼ぶか、見解の一致をみていません。しかし、この問題に苦しんでいる子どもたちの特徴については、合意しています。もし、子どもが以下の兆候を示しているな…

「連れ去り」容認する司法

「連れ去り」容認する司法に現役副市長が実名で告発〈AERA〉dot. 10月25日(木)7時9分配信 離婚や別居を機にわが子に会えなくなってしまう「連れ去り」問題。その蔓延を放置してきた司法のあり方に、現役の副市長が実名で問題提起する。 総務省官僚として…

レイ君へ

ママはパパのことを大変嫌っていて、レイ君にはパパのことについて悪く言っていると思う。 パパはずっと、レイ君に会いたいと思っているし、たくさん話をしたい、保育園でどんな遊びをしたか、友達とどんな話をしたか、知りたいことはいっぱいある。 もう自…

福岡家庭裁判所に審判申立

末期がんで余命わずかな父のために、子供と面会させてほしいと元妻に頼んだが、元妻が300万円払え、払わないなら会わさない、と恐喝してきた。 当事者ではどうしようもなく、履行勧告の時に逆に面会を控えろと指示してきた東京家裁は当てにならないので、結…

FPICは家裁調査官の天下り先

家庭問題情報センター(Family Problems Information Center:FPIC)は,家庭紛争の調整や非行少年の指導に長年携わってきた元家庭裁判所調査官たちが、その豊富な経験と人間関係の専門知識,技法を広く活用し、 健全な家庭生活の実現に貢献することを目的と…

元妻が子供との面会の見返りに300万円を要求

離婚調停時に、私は子供と月1回宿泊を含む面会の約束を元妻と合意した*1。 しかし、離婚が成立した途端、元妻は一切面会交流に応じなくなった。そればかりか、子供に父親である私を泥棒であると虚偽の事実を吹き込んで洗脳した。 当事者間で何度も交渉したが…

レイくん、5歳の誕生日おめでとう

ママに伝言を頼むと、ママは、パパを嫌っている態度を露骨に示して、レイくんが嫌な思いをするから、ここに誕生日おめでとうと書きます。神戸のおじいちゃんとおばあちゃんも、会えなくてもレイくんの誕生日を祝ってくれています。 2012/07/08 7:58 れいくん…

わがまま

元妻と結婚した時、私は部屋に荷物が多かった。 元妻も荷物が多かった。 また、結婚後半年くらいで家を買う予定にしていた。そのため、すぐに同居せず、少なくとも荷物は元妻の住んでいたマンションに置いておいては、と提案したが元妻はもったいない、言下…

昨日・今日はきれいな満月

スーパームーンというらしい。元妻に連れ去られた怜くんは、この月を見ているだろうか。

アメリカ下院決議1326号

HRES 1326 IH111th CONGRESS 2d SessionH. RES. 1326Calling on the Government of Japan to immediately address the growing problem of abduction to and retention of United States citizen minor children in Japan, to work closely with the Governm…

精神科医は同居親に簡単に診断書を発行する

調停や審判で決まった面会条件でも、同居親は簡単に反故にすることができる。子供に別居親への嫌悪感を植え付け*1、子供を精神的に不安定な状態に追い込んで精神病院に連れて行く。 そこで、精神科医に対し、子供は別居親に会いたくなくてこうなった、面会を…

親権争いの帰結は裁判所に持ち込まれた時点で決まっている

離婚条件を決めるにあたって揉める大きな要因が親権。 妻が子供を連れて実家に帰ったり、夫が妻だけ追い出したりして、離婚裁判や離婚調停を検討中に片方の親が子供に会えなくなることがある。子供と引き離された親は、我が子に会いたいがために、裁判所に親…