読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

面会交流妨害を理由として親権者変更が認められた事例

父親に親権変更 「面会交流」合意守られず 福岡家裁 離婚によって別々に暮らす父親と子どもが定期的に会う「面会交流」を認めるのを前提に母親が親権者となったのに、母親の言動が原因で子どもが面会に応じていないとして、福岡家裁が家事審判で親権者変更を…

「同盟を結んだ親」による片親疎外

同盟を結んだ親の性格や否定的な信念そして行動 同盟を結んだ親側に見られる一連の行動が、子どもを他方の親から疎外していくプロセスに与える影響については、ワラスティンとケリー(1980)によってもつとに指摘されている。絶えず繰り返される同盟を結んだ…

リチャード・ウォーシャック博士(Dr. Richard Warshak)のサイト

Dr. Richard Warshak’s groundbreaking research, trenchant challenges to gender stereotypes, and passionate advocacy for children have made him one the world’s most respected authorities on divorce, child custody, and the psychology of alien…

片親疎外の中ででっちあげられる虐待

■虐待のでっちあげ 親と引き離れた子どもは、つまらない、たいてい馬鹿げた理由で親を拒絶します。しかし、ある割合の子どもが訴える理由は、くだらないとはとてもいえません。そうした子どもが訴える理由は、離婚問題にかかわる専門家に、監護権訴訟の「核…

子どもを病的な片親疎外にされた時の別居親(片親疎外の標的にされた親)の取るべき態度

4.拒絶された親の対応 子どもが"離婚毒"に感染した兆候を示し始めたとき、標的にされた親の対応が、最終的な結果に決定的な役割を果します。この章の最初で示したアドバイスを実践する別居親は、子どもが片親疎外に抵抗できるようになる可能性を高めるでし…

全米少年裁判所/家庭裁判所裁判官協議会(NCJFCJ)のPASに関する記述

Safety First Consistent with the emphasis on safety throughout these materials, we suggest that the judge, once the evaluator’s report is admitted into evidence, make an immediate determination whether the report identifies risks that shou…