読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わがまま

元妻と結婚した時、私は部屋に荷物が多かった。
元妻も荷物が多かった。
また、結婚後半年くらいで家を買う予定にしていた。

そのため、すぐに同居せず、少なくとも荷物は元妻の住んでいたマンションに置いておいては、と提案したが元妻はもったいない、言下に拒絶。しかし、元妻の私のマンションへの引越し費用、その際、私の洗濯機や冷蔵庫が捨てられることになり*1、それでも部屋は狭くなり、生活に不便をきたした。
元妻はクイーンサイズのベッドを無理やり持ち込み、部屋のほとんどを占領した挙句、狭いと文句を言った*2

片付けに際し、元妻は指示だけして荷物を上げ下げを私にやらせたが、精神的に応えたのは一度片付けたものを向きを変えて欲しいと何度も入れ替えさせられたことだ。

同居後すぐ、部屋が狭い、片付いていないと文句を言い始めた元妻に対し、荷物が多すぎるから、捨てるか、実家に送るかしかないと言うと、元妻は自分のものを処分することは断固拒絶た上で、「捨てるのはもったいない」「送るのは送料がもったいない」と選択肢を封じ、さらに狭いと文句を言い続けた。

このため、已む無く元妻に内緒でレンタル倉庫を借りて、元妻がいないタイミングを狙って自分の物を少しずつ移動した((今にして思えば、捨てるか実家に送るかしておいた方が良かったのだが、この時には既に元妻の洗脳術にかかりはじめていたのだと思う。)。

*1:私の冷蔵庫は古くなっていたのでちょうど良かったが、私の洗濯機は新しかった。その後、離婚した際、元妻は自分の冷蔵庫を置いていくからその分の金をよこせと要求した。

*2:最初から狭くて無理だと指摘しておいたにもかかわらず